目指したのは
表現の再現性
自然の土は寛容で
美しく、
おもしろい

住宅内装のアクセントや旅館やホテルのエントランスなど、ゆっくり時が流れる空間に、しっくりと寄り添う「神来」。材工設計価格 神来仕上げ(土割れ壁仕上げ)¥42,000/㎡

神来-kamiku-のひびが割れた左官壁の施工イメージ神来-kamiku-のひびが割れた左官壁の施工イメージ神来-kamiku-のひびが割れた左官壁の施工イメージ神来-kamiku-のひびが割れた左官壁の施工イメージ神来-kamiku-のひびが割れた左官壁の施工イメージ

水郷の肥沃な大地
大分県日田市は
神来町の土に
原田進が出会う

原田左研の原田進親方は日本各地で何十年と"壁土"を見てきました。そして大分県日田市神来町で遺したい "土" に出逢い、田川産業はそれを日本中に届けたいと思いました。自然の恵みとの出逢いに感謝し、大地の尊さに敬意を払い、この土とその仕上げに“神来-kamiku-” と名づけます。

produced by 原田進 × 田川産業

大分県日田市神来町の土と空が広がる風景
大分県日田市神来町の土をコテで建材へ

手を動かし、土を活かす

自然の土はそのまま建材としては使えません。屋根の下で乾かし、枯れ草や石ころなどを取り除き、時には新しい藁や砂を混ぜる。そうすることで、土本来の多様性がまた、壁材として活かされるのです。そのための労力は惜しみません。必要な藁(わら)を自らの手で育て、土壁としてちょうど良い塩梅に仕上げます。そうして自然のものと手作業とで整えられた「神来」は、五感を刺激する美しさと、どこかやすらぎを感じる土壁になるのです。

神来-kamiku-プロデュース 原田左研 原田進

原田左研 原田進

土壁を家に入れると家がよくなる。家と家のあいだに入れると街がよくなる。壁の影響力に驚きながら、仕事をしています。ものをつくる喜びと、塗っているときの気持ちよさが、左官の仕事のいちばんの魅力。もっと大きな何かが次に待っているような、わくわくした気分になります。それは、無償性、おおらかさ、命に寄り添うといった、土が本来もっている力に触れているためかもしれません。

製品ラインナップ

  • 神来-kamiku- 内装仕上げ用セット

    神来仕上げに必要な材料を一つのセットにまとめました。自然由来の樹脂を採用し、自然素材にこだわった割れ壁を表現できる仕上げ材「不燃材の内装割れ土壁 kamiku」です。

    施工面積 塗り厚 規格・容量 推奨下地
    下塗用 約1㎡/セット 2〜4mm(wet)
    • 土(既調合)5kg
    • スサ 100g
    • 樹脂 1kg
    石膏ボード(要下地処理)
    上塗(仕上げ)用 約1㎡/セット 3〜4mm(wet) 土4kg -
    神来-kamiku-内装仕上げ用セットの商品写真 神来-kamiku-内装仕上げの割れた土壁
  • 神来-kamiku- 既調合中塗り土

    神来土に稲藁(わら)など副資材をブレンドし、水で練るだけで中塗り土として使用できるよう配合しました。

    • 不燃認定材料
    • 左官技能五輪指定材料
    施工面積 塗り厚 規格・容量 推奨下地
    約1㎡/セット 10mm(wet) 土(既調合)14kg/袋 石膏ボード(要下地処理)
    神来-kamiku- 既調合中塗り土の商品写真 神来-kamiku-既調合中塗り土壁
    稲藁(わら)などの副資材 稲藁(わら)などの副資材 稲藁(わら)などの副資材

施工例

土壁が割れるということ。それは、素材が生きていることの表現です。自然そのものの収縮過程を受け入れつつ、内装材としての強度と再現性をもった割れ壁仕上げ用セットをご用意いたしました。住宅内装のアクセントとしてはもちろん、旅館やホテルのエントランスなどのゆっくり時が流れる空間にも、しっくりと寄り添う仕上げです。

神来-kamiku-内装仕上げの割れた焦茶の土壁施工イメージ
神来-kamiku-内装仕上げの割れた少し黄色な土壁の施工 神来-kamiku-内装仕上げの割れた土壁

よくあるご質問

  • 外壁にも使えますか?

    通常土壁は外部の場合、雨水などで流れ落ちる為、施工はおすすめできません。撥水剤や表面保護材を使用してご提案できるケースもありますので、外部施工の場合はご相談ください。

  • 石膏ボードに施工できますか?

    推奨下地は石膏ボードです。ジョイント部分は市販のジョイントテープやパテ材を使用して処理してください。また下地調整として「ウチカベース」を下塗り後、施工してください。

  • 「既調合中塗り土」を仕上げに使えますか?

    使えます。「中塗り仕舞い」という一般的にも施工される仕上げになります。

  • 不燃材として使用できますか?

    「土壁」は令和4年に告示で不燃材として認定されました。ただし仕上がりの厚みや副資材含有量などの条件があります。「神来既調合中塗り土」はそれらの基準を満たした不燃認定材料です。不燃の施工仕様書もご用意しております。

  • 施工後、ボロボロ剥がれませんか?

    表面の強度を高める土壁用の表面強化材がございますので、お気軽にお問い合わせください。

  • 土だけも購入できますか?

    はい可能です。土単品は田川産業の製品一覧ページから詳細をご確認ください。ただし、土だけでは壁に塗ることができず、砂や藁などを配合する必要があります。